hofe
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ヴォージョレ解禁

 

 まだまだ先の事と思っていたら‥‥あら、もうこんな季節。年末の事にばかり気を取られ過ぎていました。

 hofeでもささやかながら、新酒の恵みを祝いたいと思います。

 

 ●シャトー カンボン ボージョレ ヌーヴォー/マルセル ラピエール グラス¥1100- ボトル¥6500-

 ●ヴォージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー/ポール ボーテ グラス¥750- デキャンタ¥3000- ボトル¥4500-

 にてご提供させて頂きます。今年も一年美味しいワインを頂くためにも、この恵みに感謝しつつ一杯いかがでしょうか?

10月・11月のワイン会。
先週行われたワイン会。
「果実を使った料理 × 自然派ワイン」の会。
ご来店頂きました皆様、本当にありがとうございました。
普段から果実を使う料理が得意なシェフではありますが、
実りの秋、またいつもと一味違う仕上がりになったのではないでしょうか?

そして、もちろん11月もワイン会を開催致します。
11月は「ブルゴーニュ料理 × ブルゴーニュワイン」の会。
王道であり、とっても難しく、とっても楽しみな会です。
是非、ご予約はお早めに!!

hofe定例ワイン会11月。
「ブルゴーニュ料理 × ブルゴーニュワイン」

日程  11月12日(水)、13日(木)
    19:00 START

会費   9500円- 税込み ※当日は現金でお願い致します。
料理   全6品前後を予定
ワイン  料理に合わせてのバイザグラス。
定員   8名 ※定員になり次第締め切らせて頂きます。

何卒、よろしくお願い致します。







 
久々に食後酒を!
久々に食後酒のご紹介を致します!!
本日ご紹介する2本はノルマンディー産のリンゴを使ったお酒です!


写真左
[ヴューカルヴァドス ペイドージュ 40% ピエール ユニット]
ノルマンディの名産の一つ、リンゴの蒸酒「カルヴァドス」。
ピエール ユニットは100年以上続く名門の造り手で、
有名レストランや、イギリス王室も御用達なのだとか。
芳醇な香りと、余韻に残るリンゴの甘い香り。少し大人な時間を味わえる食後酒です。

写真右
[ポモード ノルマンディ 17% ジェローム ルクロニエ]
1000日熟成したカルヴァドスと上質なリンゴジュースを合わせて作るオーガニックリキュール。
36ケ月の古樽で熟成し、とろみ豊かな黄金色でリンゴの香りがたっぷりと広がり、
自然な甘さとフルーティさとマイルドなアルコール感が絶妙のバランスです。
アルコール度数はカルヴァドスに比べ、17%と低めなのであまりお酒に強くない方にもオススメです。

只今、食後に加え、チーズやデザート豊富に取り揃えております。
お気軽にかるく1杯とゆう方や2次会に是非いかがでしょうか?
新着シャンパーニュ!
なにかと不安定な天気が続きますね!
こんな時には、シャンパンで嫌な湿気も吹き飛ばしましょう!

とゆう事で今日は新着シャンパーニュのご紹介です!



まず写真左側が
「リシャール フリニョー カルト ペルル キュヴェ スペシアル ブリュット N.V」
なんとも、ネオンカラーでカラフルな可愛いラベルですね!
林檎やベリー、オレンジピールなど様々な果実の香り。
ゆったりと広がる味わいは、重量感を持ったコクのある味わい。
ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%から造られ、
素晴らしいクオリティを誇るふくよかなシャンパーニュです!

続いて、写真右側。
「ジャン ラルマン エ フィス ブリュット トラディション N.V」
高級感溢れるラベル。
ピノ・ノワールの聖地、ヴェルズネイで最上区画を所有するドメーヌ。
果実味は良く熟していて、非常にフローラルな香りを持っています。
深みある芳醇さと、酸味・ミネラル感のバランスがとても良い。
スケールが大きく、男性的な力強いスタイルのハイクオリティ・シャンパーニュ!

と、ブログ書いてて飲みたくなってしまいました...。
シャンパン好きの皆様是非どうぞ!!

さて、本日・金曜日ですがまだまだ空席ございます!
尚、明日のランチ・ディナーも、まだ空席ございますのでお気軽に起こし下さいませ。
皆様のご来店心よりお待ちしております!
 
新着の食後酒!

今日は新着の食後酒のご紹介です!
ワインを造る際のブドウの搾りかすから産まれるマール。
今回はアルザス地方のマールが入ってきました。



「マール ド ピノノワール 2003 クリスチャン ビネール」

アルザスの最も有名な自然派の造り手の一人、クリスチャンビネール。
その2003年のピノノワールを蒸留して造られるマールです。
アルザスの蒸留酒は香りが高いものが多いのが特徴です。
こちらは、それに加え2003年から熟成が加わり口当たりは丸く、心地よいく口の中を流れます。
アフターにかけて少し甘く感じるニュアンスもあり不思議でおもしろい1本です。

食後にまったりと香りを楽しんだり、デザートと合わせてみてはいかがでしょうか?
2軒目等のご利用も大歓迎です!
皆様の御来店心よりお待ちしております!!
 
暑い日には白ワインを!
とゆうで今日はグラスの白ワインの紹介です!



「キュヴェ サンタンドレ 2011 レ ヴィニョーブル モンタニャック」

地中海に面するラングドックで作られる、暑い時に飲みたくなる白ワイン!
南フランスの特有のフルーティーで果実味ある味わい!
グルナッシュ・ブラン、テレ、ヴェルメンティーノから作られるワインで
イタリア系のブドウ品種も合わさり、より華やかで陽気なワインに仕上がっています!

先週、紹介したロゼもまだございますので、合わせて夏を感じてみてはいかがでしょうか?
 
ワイン会終了報告!
先日行われた「アルザスワイン×ハーブ&スパイス会」
皆様のおかげで無事終了致しました。
御来店頂いた皆様、本当にありがとうございました。

今回はワインに加え、
お料理1つ1つにハーブやスパイスの香りを探る楽しみがありました。
そして、お客様皆様が本当に楽しい方ばかりで、
緊張はしましたが僕自身も楽しませて頂きました。
ありがとうございます。

また何か企画があれば、
ブログやFacebookでアップしてまいりますのでよろしくお願い致します。




今回のワイン会の料理より、1品
「真鯖、ルヴァーヴのコンポート -レモングラス-」


 
雨の日の白ワイン。

札幌はあいにくの雨模様ですね。
こんなジメジメ・蒸し蒸しした日に飲みたい白を紹介します!



写真右より。
「グラーブ ブラン 2009 シャトー ド スイユ」(ボルドー)
セミヨン60% ソーヴィニヨン ブラン40%から成る白ワイン。
味わい自体はドライで切れがあり、夏にぴったりな印象。
香りには柑橘やフローラルな香りがあり、樽香と合わさり長い余韻を感じさせてくれます。
5年を経た今、爽やかさと重厚感を合わせ持つワインで、
貝類の料理や、お魚の主催に合わせるとバッチリです!

写真の左側。
「ミュスカ プティ グラン 2011 レ ヴィーニュ ド ラルク」(ラングドック)
華やかな香りが印象的なラングドックのミュスカ。
すっきり爽やかな香りと口当たり。今日のジメジメを取り払ってくれるワイン。
是非、前菜と合わせて頂きたい奇麗な酸味を持ったワインです。

ちなみに1番左のサボテンは、収集癖のあるシェフが先日購入したものです。
珍しい形でとてもかわいいですね。
お店に飾ってあるので、是非見に来て下さい!

尚、来週のアルザスワイン会、両日共まだまだ空きがございます!
皆様からのご予約心からお待ちしております!!

「アルザスワイン × ハーブ&スパイス」

日程  6月18日(水)・19日(木) 19:00 START
会費  8500円(税込み) ※お支払いは現金のみ
料理  6〜7品前後を予定
ワイン 料理に合わせてのバイザグラスでの提供
定員  8名様 ※定員となり次第締め切ります


 
こんな日にはシャンパーニュを!
今日は外に出た瞬間に久々の蒸し暑さを感じました!
昼間は半袖1枚で十分な暑さでしたね!!
こんな日に飲みたいのは、やっぱり「シャンパーニュ」ですね!!

とゆう事で本日グラスで出しているシャンパーニュのご紹介です!



「シャンパーニュ エクストラ ブリュット N.V ジャンヴェッセル」
ジャン ヴェッセルは自社のブドウのみを使う、とても小規模な生産者です。
ふくよかな香りとスッキリとした後味。
ピノノワール80% シャルドネ 20%から作られるコクのあるシャンパーニュです!

明日、明後日の週末も、まだまだ席に空きがございます!
皆様の御来店心よりお待ちしております!(切実!)
 
グラス白ワインを紹介!
寒かった昨日と比べ、やっと暖かな日差しが戻ってきましたね!
こんな日に飲みたくなるのが白ワイン!
今日は、グラスで扱っている白ワインを2本ご紹介します!



まず写真の左側より。
「ソーヴィニヨン ブラン 2013 ドメーヌ モンジレ」
ロワールのアンジュ地方で作られるソーヴィニヨンブラン100%の白ワイン。
ソーヴィニヨンブランらしい青々としたハーブ香とフレッシュでいてピュアな果実味。
ちょうど今日のような日にきりっと冷やして飲みたいワインです。
まだまだ旬のアスパラガスの料理と一緒にいかがでしょうか?

続いて、写真の右側です。
「ブルゴーニュ シャルドネ 2009 リュシアン ターディユ」
こちらは、先ほどのワインと比べ、コクに富んだワインです。
2009年のヴィンテージという事もあり、5年を経た今、味にまろやかさが加わっています。
帆立や鮎など魚介から、お肉料理なども幅広く合います。

5月も残りあと僅か!
皆様の御来店心よりお待ちしております!(切実!)