hofe
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
グラス白ワインを紹介!
寒かった昨日と比べ、やっと暖かな日差しが戻ってきましたね!
こんな日に飲みたくなるのが白ワイン!
今日は、グラスで扱っている白ワインを2本ご紹介します!



まず写真の左側より。
「ソーヴィニヨン ブラン 2013 ドメーヌ モンジレ」
ロワールのアンジュ地方で作られるソーヴィニヨンブラン100%の白ワイン。
ソーヴィニヨンブランらしい青々としたハーブ香とフレッシュでいてピュアな果実味。
ちょうど今日のような日にきりっと冷やして飲みたいワインです。
まだまだ旬のアスパラガスの料理と一緒にいかがでしょうか?

続いて、写真の右側です。
「ブルゴーニュ シャルドネ 2009 リュシアン ターディユ」
こちらは、先ほどのワインと比べ、コクに富んだワインです。
2009年のヴィンテージという事もあり、5年を経た今、味にまろやかさが加わっています。
帆立や鮎など魚介から、お肉料理なども幅広く合います。

5月も残りあと僅か!
皆様の御来店心よりお待ちしております!(切実!)
新着コニャック!!

先日のワイン会で使用した
「コニャック トラディション・ファミリアル(ジャン リュック パスケ)」
只今、お店で常備しております。

今回のコニャック。
皆様の評判が良く、デザートと一緒に召し上がると、
デザートもコニャックも何倍にも美味しく感じられ、
いわゆる「マリアージュ」を体感した方もいらしたのではないでしょうか?

普段はあまり濃いめのお酒は飲まれない方も
これを機会に、ちょっと大人な楽しみ方はいかがでしょうか?

2軒目、デザートのみ、大歓迎です!
皆様の御来店心よりお待ちしております!!




 
新着食後酒!

今日は新着の食後酒をご紹介!



「ミュスカ デ カップ コルス 2011 アントワーヌ アレナ」

フランスで最も日照量の多い、南東部の島「コルス」。
凝縮感たっぷりの果実味と爽やかな余韻は南の島ならでは!
南国系の果実のデザートや、柑橘系のデザートとも相性ぴったり!

アルコール度も16%と、そんなに高くないので
気軽にバカンス気分を味わってみてはいかがでしょうか?

現在、デザート豊富に取り揃えております!
2軒目利用等、お気軽にお越し下さいませ!!
新着リキュール!

3周年記念コース。
皆様のおかげで、ご好評頂いております。
3月いっぱいまで行っておりますので、
是非この機会にお足をお運び下さいませ。
詳細は前回のブログにて。

さて、今日はアルザスから届いた、
新しいリキュールを2本ご紹介致します。

食後酒として、デザートとご一緒になんて楽しみ方はいかがでしょうか?



まずは、写真の左側から。
「リキュール ド サパン 30%(ヴォルフ ヴェルジェール社)」
なんと、こちらのリキュールは「もみの木」のリキュールです。
もみの木の新芽を圧搾して造られるそうなのですが、
香りは濃厚で芳醇。森林浴を思わせるような清々しい香り。
味わいはカリンなど熟した柑橘系の果実の甘味と長い余韻。
先日のアルザスワイン会でも、お出ししたのですが、
みなさん、今迄味わった事のない味を楽しんでおりました。
柑橘系のデザートとも相性バッチリです!

続いて、写真の右側です。
「リキュール ド ポムヴェール 20%(ヴォルフ ヴェルジェール社)」
こちらは青リンゴから造られるリキュール。
そのまま青リンゴを閉じ込めたような、芳醇な甘味と爽やかな酸味。
ヴォルフ ヴェルジェール社が造る代表作だそうです。

2軒目利用や、デザートのみ、軽く1杯など大歓迎です。
皆様の御来店心よりお待ちしております。
 
悪天候が続きますが...
まだまだ厳しい寒いが続きますね。
風なども強く、悪天候の為か今週は静かなhofeです。
皆様、遊びに来て下さい!お願いします。

さて、今日は久しぶりにグラスで用意している赤ワインを2本紹介します。



どちらも、見た目の重厚な黒いボトルです。
まずは左のワインから。

「シャトーモンテスキュー コート ド ルーション 2009」
ブドウは、グルナッシュ50%、シラー30%、カリニャン20%。
口当たりはしっかりとして、余韻にはスパイシーさも。
グルナッシュが持つ赤いフルーツのニュアンスや、スミレ、ローズマリーなど
複雑な香りも持ち合わせます。
南フランスで造られる、ふくよかなワイン。
こんな寒い日に是非飲みたいワインです。

続いて、写真右側のワインが
「シャトー ボワ マロ トラディション 2006」
カベルネソーヴィニヨン50% メルロー30% カベルネフラン20%で造られる濃厚なボルドー。
2006年のヴィンテージも、8年たった今一つの飲み頃を迎えています。

先月より始まりましたプリフィックスコース大変好評です。
まだの方は是非お試し下さい!!










 
今夜、0時解禁!

今夜の0時解禁といえば!
もちろん、ボジョレーヌーヴォ!!

以前、お伝えした通りhofeでは3種類のボジョレーをご用意致しました!
ワインも入荷されたので、ご紹介致します!



赤①「ボジョレー ヌーヴォ'13 ジャン フォワヤール」(写真右)

ボジョーレの中でも気候・地質共に大変恵まれた環境でブドウを栽培している造り手。

ボージョレ地区の自然派の顔ともいうべき人、マルセル・ラピエール氏に影響を受け、
彼のカーヴに足繁く通いながら独学でワインの醸造を勉強したそうです。

現在、師匠であるマルセル・ラピエール氏を彷彿とさせる、素晴らしい品種のガメイを造りあげているガメイの魔術師です。

赤②「ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォ'13 ドメーヌ クリスチャン デュクリュー」(写真右から2番目)

自然派の作り手が作る、ヴィラージュ ヌーヴォ。
トラクターも使わず、雌馬を使い畑を耕す、昔からの製法を守る作り手。
手間を惜しまず、量より質を重視した贅沢な造りによって極めて凝縮したブドウが育まれ
高品質なワインとなっております。
素朴な農民が造るヌーヴォーを是非!

白①「VdT ヌーヴォ'13 ラ グラドコリーヌ」(写真左の2つ)

こちらは、実はボジョレー地区のワインではなく、
ボジョレーより、さらに南の位置する南仏ローヌで造られるシャルドネ主体のヌーヴォワインです。
赤ワインに続き、自然派の造り、SO2無添加の為、ワインの味わいには微発砲を感じさせます。
フレッシュな果実味と、ピーチネクターを感じさせるコク。
ヌーヴォのイメージは、赤ワインが強い方が多いかもしれませんが
こちらのワインは、hofeスタッフの中でも一押しの是非、試して頂きたいワインです!!

皆様のご来店心よりお待ちしております!
新しいカルヴァドス入荷!
間もなく、11月を迎え、あっという間に年末になってしまいそうですね。
時間の流れが年々早くなっているように感じます。

さて、今日はカルヴァドスをご紹介します。



「ヴュー・カルヴァドス・ペイ・ドージュ、ピエール・ユニット」
カルヴァドスとは、フランスのノルマンディー地方で造られる、リンゴを
原料とする蒸留酒です。
こちらのピエールユニットとゆう作り手はカルヴァドスを造り続けて100年以上。
フランスの名門レストランにもオンリストしているカルヴァドスを作っています。

食後酒として、デザートやチーズと一緒に
まったりと楽しんでみてはいかがでしょうか?

 
秋の赤ワイン

今週もグラスワインより1本、赤ワインを紹介します。


「ブルゴーニュ ピノノワール 2010 ベルトラン マシャール  グラモン」

畑のほとんどは科学肥料や殺虫剤が使われる事なく、
土壌が本来持っている自然の力に溢れています。

淡い色調ながら味わいに非常に深みがあります。
豊かな香り、ミネラル感のある、滑らかな舌触り。
フレッシュな酸味は、お食事との相性も良く、1本飲んでも飽きの来ない味わいです。

とても生産量の少ない家族経営のドメーヌ。
日本への出荷量も少ない為、希少なワインです。
秋に飲みたい、ピノノワール。是非この機会にhofeでお試し下さい。



グラスの白ワインを一つ紹介!
 
台風も去り、高くなる空を見ると、より秋に近づいたように感じます。

昨日、一昨日と連休を頂き、今日から営業を再開しますので
今週も何卒よろしくお願い致します。

さて、本題の白ワインの紹介です。


「ヴァン クール ヴァン キュ ブラン 2012 ピュズラ ボノーム」

フランス、ロワール地方のソーヴィニヨンブラン100%から作られるワインです。
ロワールの天才醸造家と呼ばれるピュズラ氏がてがける自然派ワイン。
青リンゴや白い花、アーモンドやマロンの香り。
ワインはフレッシュで爽やかな酸とほのかな甘味、
柑橘系のような苦みとのバランスが良く 、余韻に香ばしい風味。

前回・前々回ちょ紹介した「秋鯖」や「秋刀魚」などと
相性ばっちりのワイン!

是非、お試し下さい!


極甘口ワイン、バニュルス!
 
今日は極甘口のワイン、「バニュルス」を紹介します。


「バニュルス 2009 キュベ レオン パルセ、ドメーヌ ド ラ レクトリー」

あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、
バニュルスとは、フランス南部のスペインの国境近くにある、
小さな海岸と豊な緑に囲まれた街です。

日照量が多く、乾燥しており、ブドウの収穫も遅めに行い、
超完熟した状態から作られます。
カカオのニュアンスを持った、魅力的な濃厚な芳香。
フランスでは、ディナーの後に甘いチョコレートのデザートと
この「バニュルス」を合わせるのは、粋な大人の楽しみなんだとか!

是非、皆様にもお気軽にお楽しみ頂けたらと思います!
2軒目等にもお気軽にどうぞ!!